キャッチコピーの作り方

一昔前までのホームページの定番だったのは、ページの上部に必要な情報を「これでもか!」ってくらいに詰め込むことでした。

例えば、屋号・住所・電話番号・商品・サービス・写真・オススメポイント…などなどです。

その理由として、ページを開いて目に入るところ(ヘッダー画像)にお客様に伝えたい必要な情報を全て表示しないといけないといった理由が定説でした。

しかし最近ではその常識は変わっています。アイキャッチやヒーローヘッダーと呼ばれる大きな画像に短めのキャッチコピーを組み合わせたものが主流となっています。

これの意図は、まず綺麗な画像やキャッチコピーでお客様の心を掴み、ページを下にスクロールさせ、次に伝えたい情報を見てもらう事が目的です。そして更に下へ下へ…

伝えたい情報を少しづつ、次々に観てもらうための工夫です。

これはスマホ時代になったための特徴だと思われます。例えばガラケーでページを下にスクロールさせるのは非常に面倒でした。

しかしスマホですと簡単にできます。ですので大量の情報を一気に見てもらうのでなく、少しづつ少しづつ下へ下へ読んでもらうわけです。

その第一歩として、ページを開いて下へスクロールしてもらうために重要なのが、


キャッチコピーです。



キャッチコピーは見た人の心に一瞬で突き刺さる、短い文章である必要があります。キャッチコピーは、売上に直結するとても重要な要素です。

しかし、そのようなキャッチコピーを作るのは簡単ではありません。これからキャッチコピーについて学ぶのも一つの方法ではあります。

キャッチコピーやセールスライディングについての数万円から数十万円のセミナーもあります。それほど高額なセミナーがあるということは、それだけ重要な要素なのです。

しかし、今から学んでいくのは時間も労力も大変です。そこで私はとても実践的な本をみつけました。誰でも簡単に効果的なキャッチコピーが作れちゃいます。ただ、言葉を当てはめるだけです。

例えば、

○○という新しい選択

というキャッチフレーズの例に、弊社でやっているリペアという単語を当てはめるだけで、心に響くキャッチコピーが作れます。

このような例文がシーン別に1,000個もあります。本当にお勧めの本です。


キャッチコピー


これからキャッチコピーを作る場合の参考にしてください。


広告は掲載しない