ブログを書く-心構え

会社ホームページを公開したら、是非ともやった方がいいのがブログを書くという事です。


ブログはホームページとの相性が良い媒体だと思います。

今はtwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)といった、情報発信できる場があるんだからブログじゃなくてもいいんじゃないか?

といった考えの方もいらっしゃるでしょうが、やはりブログはブログですしtwitterはtwitterです。

私のお薦めは、ホームページ作成が終わったら次はブログの公開。まだ余力があるのならばtwitterやFacebookをやるといったやり方です。

できるならば全てをやった方が良いと思いますが、いろいろと手を出しすぎて、全部中途半端になったら逆効果です。

私は、会社ホームページは中心的存在で、ブログやメルマガやFacebookはホームページの衛星と考えています。

twitterからホームページへの流れは期待できません。twitterをやっている人は、ブログを読むのが好きな人が多いと言われています。

ですので、twitterはブログの衛星と考えます。

会社ホームページの位置づけ

ただし、何の計画も無しにブログを書いても意味がありません。

毎日毎日更新もしているし、ブログランキングもやってる。アクセス数も多くなった。それなのに問い合わせが全く無いのはなぜだろう?

なんて事になりかねません。
ブログの書き方によっては、マイナスの効果が出ることもあります。

会社ホームページと同じように、ブログでもしっかりとした目的を持つ事が重要です。

ここでは、会社の為のブログの事を会社ブログと呼ぶ事にします。




会社ブログを書く心構え

会社ブログを読んでくださる人は誰でしょうか?
誰に読んで欲しいでしょうか?

会社の名前を出してブログを書くのであれば、当然ながら既存のお客様や将来お客様になられるであろう人に読んで欲しくて書くはずです。

ホームページと同じように、

会社ブログを読んでくださるアクセス者(閲覧者)=お客様・見込客

であると頭に入れておくべきです。



会社ブログで書いてはいけない事

会社ブログを書く上で書いてはいけない事や、書かない方がいい事があります。

他社・他社サービスの批判

これは絶対にやってはいけません。道徳の問題でもありますし、他社批判をしているつもりが、結局は自社の評判を下げる結果になります。

私は職業柄、自動車の修理関係やリペア関係やコーティング関係などのブログを読んでいます。ここではそれらの会社ブログに実際に書かれていた事を例として挙げてみます。

ガソリンスタンドに車検を出してはいけない
ディーラーの安いコーティングはやってはいけない

などと書いてあるブログがありました。

まず商売・ビジネスの大鉄則として、商品・サービスを買う決定権はお客様に100%あって、売り手には全く無いという事を忘れてはいけません。

車検さえ通ればいいから安く済ませたい人も、高くてもバッチリやって欲しい人もいます。そもそもガソリンスタンドと整備工場の車検で、どちらが良くてどちらが悪いなんて事はありませんし、それを選ぶのはお客様です。

高額なコーティングがいいというお客様もいれば、安くてそれなりのコーティングで満足だというお客様もいます。洗車すらしないよ!って人もいます。高いコーティングを選ぶのか安いコーティングを選ぶのかはお客様が決める事です。

売り手が指図する事ではありません。

さらには、せっかく会社ブログを読みに来てくださった方の身内や友人などに、ガソリンスタンドやディーラーに務めている方がいたらどうでしょう?

身内や友人を批判されたら良い気分にはなられないでしょう。不愉快な感情を持たれるかもしれません。
そのブログ閲覧者の方は、ひょっとしたらその会社のサービスを買おうかと悩んでおられたかもしれません。しかし不愉快なブログ記事を読んだおかげで、その会社のサービスを買う事を止められるかもしれません。

他社・他社サービスの批判をする事は、絶対にやってはいけません。



政治・宗教批判をしない

これらはよく言われる事ですが私も同感です。
お客様視点で考えれば当然の事です。

それらの批判がやりたければ、趣味の批判用のブログを作れば良い事で、少なくとも会社ブログで書く内容ではありません。

お客様の中には、自民党を支持している人もいれば民主党を支持している人もいるでしょう。政党に所属されているお客様もいるかもしれません。

宗教も同様です。

そんなお客様が、自分が信じている事ややっている事を批判されたらどう思われるでしょうか?

言わずとも分かりますよね。

政治や宗教に限らず、誰かが不愉快になるような記事は会社ブログでは絶対に書いてはいけません。



ブログランキングにこだわり過ぎない

ブログランキングというのは、そのランキングサイトに登録されているブログに順位付けをするものです。
上位になれば、ブログを見られる可能性が増えます。

その順位付けは、自分のブログに貼りつけた専用のリンクをクリックされる回数(人数)で決まります。

ですので、ブログ記事の最後の方にこんな事が書かれています。

『ブログランキングにご協力ください。』
『このバナーをクリックしてください。』
『ランキング1位を目指しています。クリックに協力を!』

これがさらっと書かれていたりたまにお願いされるのなら良いと思いますが、毎回毎回必死な感じで書かれていたらどう感じますか?
私は、ブログ閲覧者(お客様)をただの数字としか捉えていない人のように感じます。

お客様を数字としか捉えないお店に、お客様は魅力を感じるでしょうか?
お客様を数字としか捉えないお店は、お客様はそのお店を金額でしか判断しないでしょう。
他に安いお店があれば、何のためらいもなく安いお店に行ってしまいます。

趣味のブログならばそれでも良いと思いますが、会社ブログですではあまりやらない方が良いと思います。
ブログを実際のお店だと置き換えて考えてみてください。

あなたのお店の商品やサービスを、わざわざ見に来ていただいたお客様に対して、『私はもっとお客さんを増やしたいんです。その為にあなたはこれをやってください。』と言っているのと同じ事です。

お客様は、あなたの会社を儲けさせる為に来店されたのではありません。
あなたのお店の商品やサービスを見に来られたのです。

お客様は大事にされたいのは自分自身であって、その店の他のお客さんの事などはどうでも良い事です。
他のお客様よりも、出来ることならエコひいきして欲しいと思うのがお客様です。

いつもありがとうございます。江頭さんにはお世話になってるから、これをオマケしときますね♪
なんて言われて、悪い気がするお客様はいないはずです。

いらっしゃいませ。当店ではさらに来客数を増やすために、アンケート記入にご協力いただいております。是非ともアンケートを書いてください。
なんてお店は嫌ですよね‥?

しかし、ブログランキングのクリックをお願いするって事はそういう事だと思います。

ブログランキング1位を目指しているのは書き手の都合であって、お客様には全く関係がない事です。

ブログはそれを読まれたお客様が、どんなふうに感じられるかを想像しながら書くようにしましょう。



ブログを書く-準備編