ホームページ作成ソフト

2016年12月14日更新


内的要因で重要なのは以下の3点だとSEO対策3大要素の項で説明しました。

  1. ソースコード
  2. キーワード
  3. コンテンツ

この中で一番難しくて専門知識が必要なのは1番のソースコードです。

私たちには本業の仕事があって、仕事のスキマ時間や帰宅してからのプライベートな時間で、その空いた時間を使って会社ホームページを作らなければいけません。
今からhtmlやCSSといったプログラムの勉強をしていたのでは、会社ホームページ公開の開始がいつになるのか分かりません。

ですので、ホームページ作成ソフトを使って作成する事が現実的です。
ホームページ作成ソフトには無料のものから有料のものまであります。

有料のホームページ作成ソフトで有名なのはホームページ・ビルダーでしょうか。無料のホームページ作成ソフトは数知れずありますね。

しかし、会社ホームページを公開する上で、最低限これだけは守りたい事が2つあります。

  • 広告が入らない
  • 独自ドメインで公開する


無料ホームページ作成ソフトですと、勝手に広告が入ってしまうものがほとんどです。
またドメインも無料ホームページ作成ソフトですと、提供側のドメインを含むものがほとんどです。
例)ttp://hpsakuseisoft.●●●●.com/
●●●●の部分が自分で選べるが、その前のhpsakuseisoftは強制。

趣味のホームページならともかく、会社ホームページでは独自ドメイン運営で広告が入らないというのは、信用の問題からも必須条件だと思います。

ホームページ作成ソフトの欠点

よし!それではホームページビルダーで会社ホームページを作ろう!!
と思われるかもしれませんが少しだけ待ってください。

ホームページビルダーは初心者向けのホームページ作成ソフトだと思われていますが、実はそれなりの専門知識が無いときちんとしたホームページは作れません。

ただホームページを完成させるだけならどの作成ソフトでもできます。

しかしホームページを作る事と、集客できる(売れる)ホームページを作る事はまったく違います。

実は私もホームページビルダーは使ったことがあります。
すると、まずどうしても素人っぽいホームページしか作れませんでした。ホームページビルダーで、それなりに見栄えの良いホームページにするためには、webデザインの勉強も必要なようでした。

またもっと大きな問題があって、それは閲覧する端末やブラウザによってレイアウトが崩れてしまいやすい事です。

ブラウザとは、サイトを閲覧するためのソフトです。今このホームページを見ているソフトがブラウザです。

Windowsパソコンからですと、多くの方はEdgeInternet Explorerを使われているかもしれませんね。MacパソコンからですとSafariでしょうか。他にも有名なブラウザとしてFirefoxGoogle Chromeなどがあります。

スマホやタブレットからのiPhoneやiPadですとSafari、Android端末ですとGoogle Chromeが多いと思います。

その他にもたくさんのブラウザがあり、使う人の好みで選ばれています。
ちなみに私はFirefoxを使っています。

Internet Explorerではきれいに見えているホームページが、Firefoxから閲覧するとグチャグチャになっている場合があるということです。

写真と文字が変に重なっていたりしているホームページを見たことがありませんか?酷いものになると、ページの文字が全て文字化けしてしまって、何が何だか分からないものもあります。

もしも今現在、自作のホームページを持っている方は、是非とも他のブラウザからも閲覧してみてください。

素人でもプロっぽいホームページが作れて、ブラウザによるレイアウトの崩れもなく、内部SEO対策を自動でやってくれるホームページ作成ソフトがあります。


しかも無料なのに広告も入らないソフトです!


最速でホームページを完成させるソフト

私がお薦めするホームページ作成ソフトは、HAIK(ハイク)です。

私の会社のホームページはもちろんですが、このサイトもHAIKで作成しています。

HAIKのシステムが内部SEO対策は勝手にやってくれますので、私たちはホームページのコンテンツを作る事だけに集中できます。


HAIKの特徴