ホームページ完成

トップページと全ての子ページを作り終えれば、会社ホームページはひとまず完成です。




ホームページ作成の作業で気を付けたい事があります。

小さい事は気にしないで、ひとまず最後まで作り終える

事です。

なかなかホームページ作成が完成しない人の共通点は、作りながら細部にこだわってしまい、途中で進まなくなってしまう事です。

  • 誤字脱字なんて後で修正すればいいんです。
  • 文章の言い回しなんて、後で修正すればいいんです。
  • ページや文章を見やすくする為の装飾なんて、後でやればいいんです。

大枠を作り終えて、後で細部にこだわる事がホームページを最速で完成させるコツです。




細部の修正

上記で説明したように、ひと通り会社ホームページが完成してから、細部を修正していきます。

ここでホームページ作成の初心者の方がやってしまう失敗があります。

ゴテゴテと装飾をしてしまい、逆に見栄えが悪くなってしまう事です。

文字のフォントや大きさをむやみに変えたり、文字色や背景色を何種類も使ったり、目立たせるためにどぎつい色の組み合わせをやったり‥

それらをやる事で、余計に素人くさい読みにくいホームページになってしまいます。

綺麗で見やすいホームページを作る為には、不必要な装飾はやらない事です。
綺麗に魅せるコツは、ホームページに統一感を持たせる事です。

特に最近ではフラットなデザインが主流になっています。いろいろな理由があると思いますが、スマホの普及が大きな要因だと思います。スマホの画面ではゴテゴテした装飾やデザインは逆に見にくくなり、シンプルでフラットなデザインの方が好まれるようになったのだと思います。


装飾の4つのコツ

ページの装飾にはいくつかのコツがあります。

1)改行や空白を適度に入れる

ページで文章を書く場合に、改行も空白行も入れずに新聞記事のように書いてしまうと、お客様は読む気が失われてしまいます。

読みやすくする為にも、適度な改行や空白行を入れましょう。
そうする事で読み易くもなりますし、見た目も美しくもなります。


2)見出しを付ける

見出しとは↑の事です。
ページ内の情報を見出しを使って整理する事によって、閲覧者は何が書かれているのかが分かりやすくなりますし、一息付けるので読みやすくもなります。

またSEO対策としても効果があります。
見出しに検索されたいキーワードを含ませる事によって、そのキーワードで検索結果に表示されやすくなります。

3)写真や画像を入れる

入れすぎはよくありません。画像ばかりで内容の無いホームページではいけません。

しかし、必要に応じて適度に入れる事によってページが見やすくなったり、内容が把握しやすくなったり、美しいページになったりします。

4)適度に強調文字を入れる

上記した通りやりすぎはいけません。素人臭い読みにくいホームページになってしまいます。

しかし適度に使う事で、伝えたい事やアピールしたい事がお客様に伝わりやすくなります。

あらかじめ、使用する強調文字の決まり事を決めておくと良いと思います。

強調1:太文字
強調2:下線を入れる
強調3:色付き文字
強調4:マーカー付き文字

しかし基本的には無駄な装飾はやらない方が良いって事を、頭に入れておいてください。

細部の修正が終われば、めでたく会社ホームページの完成です。


被リンクを作る