公開後の編集・更新

会社ホームページが完成して公開した後も、定期的に編集・更新をすべきです。それはいつも見に来てくださるお客様の為でもありますし、さらに良い会社ホームページにする為でもあります。

実際の店舗を改築するのには大変な費用が掛かりますが、ホームページならば簡単にできます。

ライバルホームページを見て回って、良いところは参考にするのも良いでしょう。そのままコピーしたりしてはいけませんが、参考にする事は積極的にやるべきです。

お客様のためになる情報を追加したりすると、尚更良いと思います。自社製品やサービスについて私達が当たり前だと思っている事も、お客様にとっては新鮮でためになる情報かもしれません。

現在、私の会社ホームページに簡単な洗車のやり方や自動車保険の予備知識などのコンテンツを作っています。

これらは既存のお客様に向けて良い情報を提供したいとの考えで作りましたが、実際に既存のお客様から『あれを読んで自動車保険で足りない保証がある事に気付いて保証内容を変えました。』と喜びの声をいただいた事もありました。

SEOオタクにはならない

気を付ける事は、SEO対策の事ばかりを考えるSEOオタクにならない事です。SEO対策はやり始めると終わりがありません。時間がいくらあっても足りません。

アクセス数に一喜一憂するのではなく、閲覧をしに来てくださったお客様の事を考えた、ホームページの編集・更新に力を入れるべきだと思います。

改善すべき点はないのか?分かりづらい表現はないのか?追加したほうが良いコンテンツはないのか?
お客様の事を第一に考えたホームページを作りましょう。

家族や友人知人にホームページを見てもらって、率直な感想やアドバイスをもらうのも良いと思います。

いくらSEO対策を頑張ってアクセス者が増えても、会社ホームページに何の魅力もなければすぐに別のホームページへ移動されます。

実店舗に喩えるならば、1,000人のお客様が来られて1人しか買い物をされないお店よりも、10人のお客様が来られて5人が買い物をされるお店を目指すべきでしょう。

広告などで集客する事としっかりしたお店を作る事では、しっかりしたお店を作る事の方が大切なはずです。そうしないとせっかく来店されたお客様に何も買わずに帰られてしまいます。

真のSEO対策で述べたように、閲覧者の事を第一に考えたホームページを作る事がSEO対策の王道ですし、小技を使ってSEO対策されたホームページはGoogle検索エンジンのアルゴリズム(表示順位のルール)の変更で、簡単に大幅に順位が落ちてしまう事があります。真のSEO対策をしているホームページはそう簡単に順位が落ちる事はありません。


>>次項 ブログを書く-心構え


↑ページのトップへ