店舗の充実と来客数

来客数よりも店舗の充実が先

ホームページと閲覧者数の関係を実店舗に例えるなら、

ホームページ=店舗
閲覧者数=来客数

となります。
しかしここで多くの人が間違えるのが、ホームページをそこそこに作ったらアクセス数を増やす事にばかり熱中する事です。

余談になりますが

アクセス数ってなんでしょうか?SEO対策やweb集客に関する書籍やサイトには、アクセス数がなんちゃらかんちゃら…

と書かれています。ただこれだけは忘れないでください!


アクセス数が1=血の通った1人の人間がホームページを見てくれた


ということです。アクセスとは血の通った人間が閲覧してくれたということであり、あなたの会社のお客様になり得る可能性のある人なのです。

アクセス数というと、お客様をただの数字としてみている感じがします。ですのでこのサイトでは、アクセスという言葉を極力使わずに、閲覧者という言葉を使うようにしています。



これも実際の店舗で考えてみるとよく分かります。

店舗を充実させる事と来客数を増やす事では、優先順位はどちらが先でしょうか?

魅力的な商品もサービスも無い店舗にいくらお客様を集めても、何も売れない上に良くないイメージも付いてしまいます。

後であなたのお店を見かけても、「あ~、あのお店か‥」と足を運ばれなくなるかもしれません。

まず優先させる事は、店舗の充実です
集客については後で考えれば良いのです。

ネット販売系のノウハウでは、アクセスを集める為の方法がこれでもか!ってくらいに氾濫しています。アクセスさえ集めればお金儲けができる!みたいなノリです。

そのせいか、会社ホームページでもアクセスアップにばかり気を取られているものが多いようです。

しかしまず私たちが目指すのは、1万人の来店があって商品が3個売れるお店より、10人の来店があって商品が5個売れるお店を作る事なんです。

ですので、まずは魅力ある会社ホームページを作る事に集中してください。

しかしそうは言っても

何も人通りもなく道路すらない山奥にいくら素敵な店舗を作っても、オープン後に集客をするのは大変な事は分かりきっています。

絶対に売れないわけではありませんが、オープン後に道を作ったり広告を打ったりとかなり大変な作業が待っています。

先ほどまずはホームページの充実だと言いましたが、ホームページ公開後に集客がやり易いように、作りながらちょっとだけ気を付けると後で集客が楽になる事があります。

次項ではその事について説明します。


キーワードを選ぶ