自社のウリを書きだす

2016年12月22日更新

あなたの会社の商品やサービスは、同業他社の商品やサービスと何が違うか言えますか?
あなたの会社のウリは何ですか?
あなたの会社のポリシーは何ですか?

商品・サービスの売り手である私たちがそれらの事を言えないのであれば、お客様は私たちの会社の商品やサービスを買う理由がありません。

それらのウリやアピールポイントが無いと、ただ商品やサービスを書き並べただけの、何の魅力もない会社ホームページになってしまいます。

自社の強みやウリを再認識する為には、以下の項目ような事を紙に書きだすと良いと思います。
実際に紙に書き出すことで、今まで気付かなかった事に気付けますので、騙されたと思って是非ともやってみてください。

  • あなたの会社のポリシー
  • これだけは譲れないこだわり
  • 他社より優れている商品・サービス
  • 他社にはない商品やサービス

これ以外にもアピールするポイントがあれば、思いつく事をたくさん書きだしてみます。
これ以上思い付かないくらいに書き出したら、時間を空けてもう一度考えてみます。
そうする事で、新たな事が思い浮かんだりします。

そして書きだした事をもとにして、会社ホームページで自社のウリとしてアピールするのです。
商品やサービスを書き並べただけのホームページでは、お客様は何の魅力も感じません。

しかしそれらのアピールポイントをしっかりと書く事で、会社ホームページを見に来てくださったお客様が信頼を感じ取ってくれるのです。『そんなこだわりのある会社なら行ってみようかな。』と思ってもらえます。

自社の強みやウリをあぶり出すための魔法の質問があります!

あなたのお店を利用した人は、なぜあなたのお店を選んだのですか?

この質問が、自社の強みとウリをあぶり出すための魔法の質問なのです。
特に理由が無ければそのお客様は他のお店に行ったはずです。お客様にはあなたのお店を選んだ何らかの理由があるはずです。

その理由は、これまでのあなたのお客様かとの会話で聞き出しているはずです。
例えば、

  1. サービスが他店より魅力的そうだったから
  2. 友人に紹介されたから
  3. 近かったから

1.でしたら、あなたのお店のサービスは他店より魅力的なサービスのアピールポイントがあるはずです。

2.でしたら、友人が紹介したくなる商品やサービスがあるはずです。「思わず友達に紹介したくなる○○○」なんてキャッチフレーズもできそうですね。

3.の近かったからは、特に強みやウリにはならなそうですが実は違います!近くの人が利用したくなるものがあるということですから、近くの人が利用したくなるお店ということも、十分な強みでありウリなのです。

自社の強みやウリをあぶり出すことは重要な事ですので、読み飛ばさずにしっかりと紙に書き出してください。

最低でも10個はあるはずです!それがない会社なんてこの先生き残ることなんかできないでしょう…(毒舌ですみません)

小さな会社だということも十分なウリになりえます。なぜなら、

  • 当社では無駄なテレビCMや新聞広告も打たないようにしています。ホームページも自作をして経費を抑えております。それらの経費にお金を使うくらいなら、お客様に少しでも還元をしたいと思っているからです。
  • 当社では無駄な人件費を掛けておりません。経理は妻に手伝ってもらっています(笑)。その分をお客様に少しでも還元できるようにしております。
  • 当社は立地も悪くお客様には大変御迷惑をおかけしております。しかしその事によって経費を抑える事ができ、お客様に還元をする事が可能となりました。

そのような、大手企業より優れた自社のウリが必ずある訳です。無ければとっくに潰れていることでしょうから。


しかし自社のウリを紹介する時に、絶対にやってはいけない事があります。他社・他社商品・他社サービスの欠点や悪口を書く事です。

自社の優れている点は積極的に書くべきです。それは積極的にやるべきです。
しかし他社の欠点や悪口を書きますと、お客様に悪い印象を与えてしまいます。

他社を叩いているつもりが、最終的には自社の評判を下げる事になりかねません。
他人の悪口ばかり言っている人を信用できないのと同じ事です。


自社のウリを考え出して、会社ホームページで紹介する事は非常に重要な事ですので、しっかりと時間を掛けてほしいと思います。

実はここであぶり出した強みやウリは、トップページに必要なコンテンツになるのです。その辺りは設計図を作るのページで詳しく解説します。


必要なコンテンツの作成方法