被リンク(バックリンク)は買うな

2017年2月15日更新


ホームページを公開して、恐れなければいけない事の一つは、Google八分(グーグルハチブ)に遭うことです。

Google八分とは、Google様の逆鱗に触れたホームページを村八分状態にして、検索してもヒットしないようにされる事です。

普通に作成されたホームページでは、この心配はほとんどありません。

Google八分にされる主な要因は、

  • 内的要因
  • 外的要因

があります。

内的要因の例としては、有害なコンテンツを有していたり、他のサイトをパクったり、隠しリンクを作ったりする事などがあります。

一方、外的要因としては不自然な被リンクがある事です。

例えば、少し前に流行ったSEO対策として、数千個の無料ブログを自分で作成し、それらのブログから自分のメインホームページにリンクを貼るというのがありました。

そうする事で被リンク数が増え、上位表示が狙えるという訳です。
しかしGoogleも日々進化しています。

もしもそれらからのリンクが、自作自演であるとGoogleにバレた時には、Google八分に遭う可能性があります。

そして一番やってはいけない事は、被リンクを買うという行為です。

ホームページを公開すると、必ずと言っていいくらいに、SEO対策業者から電話などで営業がかかります。

私も、今でも月に1~2件の電話が掛かってきます。

当然、すべてのSEO対策業者が悪いとは言いません。

しかし、悪徳もしくは知識が低い業者も多数あります。

『毎月●万円で、ページランク4以上の数十個のサイトから、あなたのホームページにリンクを貼ります。そうすれば、あなたのホームページのページランクも上がって、上位表示がされます。』

といった、リンクを売る業者が多数存在します。

Googleは、リンクを買うという行為に対してはかなり厳しいそうです。

高いお金を出した上に、Googleで表示されなくなったのでは、目も当てられません‥

しかも、自分のホームページからリンクを貼ったのを外す事は簡単ですが、他のサイトが自分のホームページに貼ったリンクを外す事はできません‥

言い換えれば、悪徳SEO業者から貼られたリンクが、半永久的に削除されない事もありえるという事です。

考えただけでも恐ろしくなります‥

絶対に、被リンクを買う事はしないようにしましょう。


公開後の編集・更新