メニューに絶対に入れるべき項目

会社のホームページで、お客様に絶対にアピールして欲しい項目があります。

これから紹介する項目は、メニュー欄に必ず入れて欲しい項目です!そして私理論で言えば、会社の商品やサービスより先に、お客様に知らせて欲しい項目です!


その1ー自己紹介

スクリーンショット 2014-12-04 20

社長やオーナーの人柄を、お客様に教えてください。実際に私の会社ホームページでも、私の自己紹介のページはよく見られている項目の一つです。

お客様は、商品やサービスだけでなく、どんな人のお店なのか?どういう人がやっているのか?が知りたい事の一つなのです。

ここで書く事は会社の事でなくて構いません。できればお客様が共感できる話があれば尚良しです。

私の場合は、あえて幼稚園の名前から高校の名前まで書いています。そうすると初対面のお客様からでも、「僕も○○中学の出身なんだよ!江頭さんの先輩だね♪」なんて親近感を持ってもらえたりします。

嘘を書く必要はありませんが、昔は喧嘩上等!バリバリのヤンキーでした!!等、お客様を怖がらせるような事は書かない方が良いと思います。


その2 理念や想い

会社(=社長)の理念や想いをお客様に伝えてください。あなたの会社と同じような商品やサービスが他にもある場合、お客様に対して差別化が図れる部分です。

「こんなに商品へのこだわりがある社長のお店だから買ってみようかな」

お客様に、このお店・社長のところから買いたい!と思ってもらう事が大切です。


その3 お客様の声

お客様の声をホームページに載せる事はかなり大切ですし効果があります。

皆さんも、Amazonから何かを買うとき、有料スマホアプリをDLするとき、ユーザーレビューを見ますよね?

会社のホームページでもそれと同じことが言えます。

お客様の声を集めることには、少々のお金を使ってでも集めるべきだと思います。

お客様の声の集め方は店舗によってもいろいろ手法が変わってきますので、どうやって集めてくださいとは言えません。

しかし、ホームページに載せた時に信憑性があるような形態での集め方がベストですね。

動画が当たり前のこの時代ですので、お客様にインタビューしている動画を作るのも面白いかもしれません。

私が信ぴょう性があると思われる、お客様の声の掲載方法を信ぴょう性があると思われる順番で紹介します。

  1. お客様のインタビュー動画
  2. お客様の写真付き
  3. お客様の直筆
  4. お客様の実名付き
  5. 匿名で文章のみ

お客様の声が何もないよりかは匿名で文章だけの方がマシですが、「実際はお店の人が勝手に書いたんじゃないの?」なんて疑念が残りますよね‥

できるだけ信ぴょう性のあるお客様の声を集めることが大切です。


スクリーンショット 2014-12-04 20

これは、私が指導して作ったiPhone修理屋さんのホームページのお客様の声のページの一部分ですが、お客様の写真が効果的に使われていますね。


その4 取材経歴

もしもこれまでにあなたの会社が、新聞やTVや雑誌に取材された経歴があるのでしたら、必ずそれは紹介してください。

お客様からの信頼が強くなります。

注意することは、著作権の問題だけは注意してください。
以前、私がTV取材を受けた時に、その動画をホームページに載せていいか?と、TV曲に問い合わせましたが、それは絶対にダメだと言われました。

掲載するときには、勝手に載せないで許可を取ることをお勧めします。


以上の4点を会社のホームページに載せることで、お客様の反応が良くなると思います。

商品やサービスの紹介ばかりに力を入れて、買って買って!!な独りよがりな会社ホームページにはしないようにしましょう。

簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker