GoogleアシスタントがiOSアプリに!?音声検索時代のSEO対策


siriとGoogleアシスタント


グーグルアシスタント(Google assistant)が、iOS端末用のアプリとして提供されるかも!?というニュースが飛び込んで来ました。



アンドロイド端末のGoogleアシスタント、iOS端末のSiri、Windows端末のCortana などのチャットボット。

主要の端末ではチャットボットが標準装備されています。今回のニュースは、端末をまたいだチャットボットが搭載できるという事です。

私自身はあまり使いませんが、若い人を中心に音声検索をする人の割合が増えてきているそうです。

数年前のある調査では、アメリカの若者の20%の人は、音声検索を使用しているとの事です。日本での割合は公表されていませんが、おそらく同程度ではないか?との事です。

AppleのsiriもGoogleのGoogleアシスタントも、TVコマーシャルでアピールするという事は、各社が力を入れている事が見えてきます。


iPhoneのsiriのテレビCM


GoogleのGoogleアシスタントのテレビCM



音声検索対策は次世代のSEO対策

これによって気になる事は、今後のSEO対策がどうなるのか?です。

そもそもこれまでの文字入力での検索と、これから更に普及するであろう音声検索ではどう違うのでしょうか?


文字入力検索

検索窓に文字を入力して検索する場合、打ち込む文字数を極力抑える傾向にあります。

また、途中まで入力すると検索候補が表示されますので、ある程度決まった検索キーワードに集中しやすい傾向にもあります。

この事から、ユーザーが検索しやすいキーワードを予測することができ、SEO対策すべきキーワードを予測しやすいと言えます。


音声検索

「近くの美味しいカフェを教えて」

「○○市の安くて上手な床屋さんはどこ?」

など、キーワードではなく文章での検索が多いはずです。

ただ喋れば良いだけですから、少々長い文章での検索も増えると思います。

こうなってくると、ユーザーがどんな文章で検索するのか?は、予測がつきにくくなります。


音声検索に対するSEO対策方法は?

そう考えると、音声検索に対するSEOは、これまでのSEO対策と違ったものになってきます。

ここでも私がいつも口を酸っぱくして言っている、ユーザー目線でのホームページ作りが非常に重要になります。

ユーザー目線で、ユーザーに分かりやすい内容が充実したホームページを作る事で、ユーザーがどんな文章で検索してきても、それに対応した内容が記載されていれば、検索結果に表示される可能性が高くなるはずです。

これまでのSEO対策に例えれば、ロングテール対策です。

例えば、

「エステ 東京都」

というビックキーワードで上位表示されるよりも、

「安い 小顔矯正 ◯◯区」
「セルロイドマッサージ 効果有り 女性エステティシャン 」
「割引クーポン有り エステサロン ◯◯区」

などの多くのスモールキーワードで対策がされているホームページの方が強くなるのではないかと思います。

こうなると、とにかく内容の充実したユーザー目線のホームページ作りが、非常に重要になると思います。


ロングテールキーワード対策のコツは?

ページを作るときに5W1Hを意識しながら、小学生でも分かるような文章にする事が大切だと思います。

  • この商品を使うのは誰なのか?
  • いつ使うのか?
  • どんな使い方があるのか?
  • どこで使うのか?

などなど、様々なパターンを考えて文章を作っていく事が、新時代のSEO対策になるのだと思います。

こう考えると、ブログを書く時は外部のブログサービスを使うより、ホームページ内のブログを運営する方が良いと思います。


PS

佐賀市と喋っても、どうしても探しと変換されてしまうのはどうにかして欲しいと思う私でした…