無料Webサービスにはリスクがある!商用利用には特に注意!

無料Webサービスを利用するリスクとは?

インターネットが普及し、スマホでいつでもネットに繋がるようになった現在は、無料で使える様々なネット関連のサービスがあります。

  • アメーバブログを始めとする無料ブログサービス
  • Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSサービス
  • Web運営関連の無料のツール、サービス

などなど。事業をされている方は、無料で集客に使うツールとしてこれらの無料Webツールを活用している方も多いですね。

私も最近はYouTubeを活用するために悪戦苦闘しています(汗)

しかしこれらの無料Webツールには大きなリスクもある事を知っていますか?


アカウントを停止されても文句は言えない?

アカウント停止

ここ最近、話題になったニュースでは、ある有名人の方のTwitterアカウントが、運営側から永久停止されるという事がありました。しかも停止された具体的な理由は提示されなかったようです。

また、アメーバブログを始めとする無料ブログサービスでは、商用利用が禁止されているものも多いです。

アメーバブログでは、アフィリエイトリンクをベタベタ貼っているようなブログはまず強制削除されます。

しかし商用利用禁止の定義は曖昧です。例えばマッサージサロンを経営する方がブログでお店の紹介をする事も、ある意味で商用利用と言えます。

そうなるとアメブロの運営側の判断次第では、いつでもブログを削除する事ができるという事です。


Facebookも商用利用禁止

さらにFacebook(個人用)でも、商用利用は禁止されています。(私も最近知りました‥)。

Facebook利用規約

これはFacebook利用規約です。4-4の項目にはこう書かれています。

個人用タイムラインを営利目的で利用することを禁止します。

とあります。という事は、Facebookで自分のお店への来店や商品購入を促す事は、利用規約違反になってアカウント削除をされる可能性もあるという事です。お店のホームページやブログを紹介する事も商用利用に当たるかもしれません。


数年前のFC2ブログで起こった惨劇

過去にも起こった例として、当時利用者がそこそこ多かった無料ホームページ作成サービスが終了した事もあります。サービスが停止となると、急いで他のサービスで作り直さないと、ホームページが消滅してしまいます。(しかもドメインも変わりますのSEO的にも不利です。)

また有名で利用者も多いFC2ブログでも、つい数年前には新規記事がGoogleにインデックスされないという事もありました。これはいくらブログ記事を書いても、検索結果に絶対に出てこないという事です。

これはFC2が運営するアダルトサイトがGoogleからスパム判定されて、FC2全体に影響を及ぼした事例です。


無料で使っているんだから運営側には逆らえない

落ち込む

ここで言いたい事は、無料サービスを利用する場合、運営側の判断でいきなり利用を停止されたり、サービス自体が無くなったり、不具合があったとしても利用者にはどうしようもないという事です。

だって、システムを無料で利用させてもらってる訳ですから。

それを理解した上で考えますと、自分のお店や会社を経営している方が、無料サービスで営利目的で利用する事は大きなリスクを負っている事も知っておかなければなりません。

アメブロで何年もかけてブログ記事を数千記事を書いていたとしても、ある日突然削除されて、ブログ記事が全て消え去る可能性もあります。

Facebookで数千人の人と繋がっていても、明日にはアカウントが消滅しているかもしれません。

お店のメインのブログを、アメブロなどの無料サービスでメインで利用されている方も多く見かけます。個人の趣味のブログなら良いと思いますが、お店のホームページやブログは無料サービスを使わずに、自分で管理できるサーバー内で運営できるものにするべきだと思います。

しかしそれができないYouTubeやFacebookなどのSNSなどのサービスは、利用規約を違反しないように細心の注意を払っておかないといけません。

仮に利用規約を知らずに違反してアカウントを削除されたとすれば、それは利用規約を知らなかった(読まなかった)利用者の責任です。それで運営側に文句を言うのは筋が違うという事です。

サービス自体が停止をされたとしても、それは運営側の経営判断であるわけで、利用者にはどうする事もできません。


まとめ

長くなりましたが簡潔にまとめますと、

店舗用のホームページとブログは、無料のサービスを使わずに、サーバー内で運営できるものを使う。(ワードプレスなど)

店舗として無料のサービスを使う場合は、利用規約をしっかり守って運用する。仮にアカウント削除されても仕方がない。と理解しておく。

という事が、店舗のWeb運営で大切な事だと思います。