【動画有り】Jimdoの使い方 初心者でもサクっと使えるソフト

ここでは、Jimdo(ジンドゥー)を使って会社ホームページを自作する上での注意点や、使い方を紹介しています。


無料プランで3時間で作ってみた弊社HPを紹介

まずは私が無料プランでサクッと作ってみたホームページを公開します。

Jimdoスマホサイト

Jimdoの無料プランでテンプレートを使用し、見本用として3時間ほどで完成させました。

実際に触ってみての感想は本文で紹介したいと思います。

よろしければ、私がJimdoでサクッと作ったホームページをご覧ください。

Jimdoで作成したHP

Jimdoとは

初心者でも会社やお店などのホームページを作るソフトです。2007年に公開された歴史あるホームページ作成ソフトです。これまでにJimdoを使って2000万サイトが作られているとのことです。(2018年現在)

HTMLも使えますし、有料プランではCSSの編集もできますので、上級者の方はカスタマイズすることも可能です。

またスマホやタブレットからのホームページの編集も可能で、思いついたときにいつでもどこでも更新できるのも特徴の一つです。

実際に私の友人もJimdoの有料プランでお店のホームページを3つ作っていますが、細部までこだわった作りで、集客できるホームページになっています。


Jimdoの使い方

では早速Jimdoでホームページを作る手順を解説していきます。まずは無料プランで作ってみて、使いやすいと感じたら有料プランにアップグレードすれば良いと思います。

1.会員登録

Jimdo公式サイトにアクセス

まずは下記Jimdoのサイトにアクセスして会員登録をしていきます。


アカウントの作成

Jimdoの会員登録

  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを入力
  3. 送信
  4. 送られてきたメール内のリンクをクリックすれば登録完了

もしくはFacebookやGoogleアカウントでも登録できます。


はい、これでアカウントが作成されました。次は適切なテンプレートを選ぶための設定です。テンプレートは後からでも変えられますので、あまり悩まなくて良いと思います。


2.ホームページのタイプの選択

Jimdoショップの種類を選択
私はホームページを選択しました。他にもネットショップやブログが選べるようです。


3.ホームページの業種の選択

Jimdoどんなホームページを作成しますか
私はサービスを選択しました。あなたのお店に近いものを選んでみましょう。


4.お勧めテンプレートの表示と選択

Jimdoお勧めテンプレートの表示

業種にマッチしたテンプレート一覧が表示されます。ここで気に入ったテンプレートを選択します。私はシンプルなものが好きなので、なるべくシンプルなものを選びました。

テンプレートはいつでも変えられますし、レイアウトもカスタマイズできますのであまり悩まなくて大丈夫です。


5.プランの選択

Jimdo料金プラン
3つのコースのプランがあります。とりあえずフリープランで大丈夫です。もしも有料プランでやると決めているのなら、有料プランを選択してください。

プランごとの特徴は後で解説します。


Jimdoホームページ編集

6.ホームページ作成・編集開始

するとさっそくホームページを編集していくことになります。Jimdoはホームページを直接編集していくタイプです。操作方法に慣れるまでは、まずはテンプレートに沿って文字を入れ変えたり写真を入れ変えていけば良いと思います。

Jimdo編集方法

別のページでも解説しましたが、ホームページを作るコツは、まずは最後までざっと作ってしまって、後で詳細を作り込んでいくことです。悩まずにひとまず最後まで作り上げてみましょう!

編集方法は文章では説明しにくいので動画で解説しています。

動画準備中
2018年6月
動画公開まで公式動画を貼っておきます。


以上がJimdoでホームページを作る方法です。作成方法に若干のクセはありますが、実際に使ってみて結構扱いやすいと感じました。


Jimdoの利用料金と機能

Jimdoで会社ホームページを作る場合にどのプランを選べば良いかを私なりに簡単に説明します。

JimdoFREEプラン(月額無料)
自分にあっているのか、自分でも使えるのかを確認するためのプラン。Freeプランで集客をすることは無理だと思ってください。

JimdoPROプラン(月額945円)
通常はお店や会社のホームページ運用はこのプランで十分だと思います。私の知り合いの社長はこのプランでガンガン集客しています。

JimdoBUSINESSプラン(月額2,415円)
通販ショップの運用でしたらこのプランにしましょう。商品数は無制限に登録できます。更には販売手数料も無いのが魅力です。

それでは各プランをもう少し詳しく解説していきます。


JimdoFree(月額0円)

ずっと無料で使えるプランです。無料で使えるということは当然ながら様々な制約があります。会社ホームページを作る上でのフリープランの特徴的な項目を紹介します。

ドメインはJimdoのサブドメインを使用

https://●●●.jimdofree.com/
ドメインやサーバーを準備する必要がありませんので、すぐに使い始めることができます。

フッターにJimdoの広告が挿入される

Jimdoフッター広告

フッター部分にJimdoの広告とログインリンクが表示されます。


その他の特徴

  • 通常サポート権
  • サーバー空き容量500MB
  • ショップ機能5商品
  • フォント2書体


JimdoFreeプランまとめ

コンテンツ(ページ内容)を作る機能に関しては、無料版も有料版も違いはありませんので、Jimdoを実際に試したいという方には向いていると思います。

独自ドメインが使用できない広告が入るという2点が、会社やお店のホームページで使用するには、不向きなところです。

またSEO対策で最低限必要な設定ができない部分があります。さらに運用に必須のGoogleアナリティクスなどのアクセス解析の導入ができないのも、会社やお店のホームページで使用するには、不向きなところです。

しかし無料で使えるということは最大の魅力ですので、とりあえずフリープランでホームページを作ってみて、自分に合っていると思うのであればそこから有料プランに変更することができます。


Jimdoに申し込む


JimdoPro(月額945円)

会社やお店で使うならこのJimdoProプランです。

独自ドメインが使える

独自ドメイン運用は、会社ホームページでは必須です。

広告が入らない

会社ホームページに、関係のない広告が入るのは信用の面でありえないことです。

SEO対策に必要な項目が編集できる

無料版ではできない、内部SEO対策の設定ができるようになってます。

アクセス解析が導入できる

ホームページを運用する場合は、日々のアクセスを解析して日々改善し、より良いホームページにする必要があります。


その他の特徴(FREEプランとの違い)

  • メールアドレス追加オプション
  • 優先サポート権
  • サーバー空き容量5GB
  • ショップ機能15商品
  • カスタムURL
  • フォント15書体以上
  • 各ページmeta title description設定可能


JimdoPROプランまとめ

通販ショップ以外の会社のホームページを運用するのに最適のプランだと思います。
会社ホームページでは、独自ドメイン運用広告非表示が最低限の条件です。
料金的にも月額945円でしたら手頃な料金だと思います。
また15商品までの通販もできますので、少量の販売商品をお持ちの会社でしたらこのプランで販売ができます。



Jimdoに申し込む


JimdoBUSINESS (月額2,415円)

JimdoPROプランで使える機能に加え、販売商品が無制限なのが特徴です。
自社通販ショップを運用したい場合はこのプランが最適です。
PRO版との大きな違いは登録商品数ですね。

最優先サポートが受けられる

使い方や運用で困った場合は、最優先でサポートが受けられます。

サーバー容量が無制限

サーバー容量が無制限ということは、ページ数や出品商品数も無制限に使えますので、巨大ショッピングサイトを作ることも可能です。

フォントが170書体以上

フォントはホームページのイメージを左右します。170書体以上の中から最適なフォントを選べます。


その他の特徴(PROプランとの違い)

  • 最優先サポート
  • フォント170書体以上


JimdoPROプランまとめ

楽天ショップ出店が月額2万円以上、Amazon出店でも月額5,000円以上と考えると、月額2,415円で自社ネットショップが運用できるのは魅力かもしれません。



Jimdoに申し込む


Jimdoについての感想

操作に若干のクセはありますが、ホームページ作成ソフトとしては使いやすいと思いました。中上級者の方はHTMLやCSSも触れますので、デザインを作り込んだりもできます。

また、スマホやタブレットからでも作成や更新がやりやすいのもポイントだと思います。
歴史が長いので、作成方法や編集方法がネット上に多いのもありがたいと思います。



次項
ホームページ作成ソフト